[mc4wp_form]

プロジェリア(ハッチンソン・ギルフォード症候群)

概要 ハッチンソン・ギルフォード症候群としても知られるプロジェリアは、非常にまれな進行性の遺伝性疾患で、生後 2 年間で急速に老化が始まります。 プロジェリアの子供は、通常、出生時には正常に見えます。 最初の 1 年の間に、成長の遅れや脱毛などの徴候や症状が現れ始めます。 プロジェリアのほとんどの子供の最終的な死因は、心臓の問題または脳卒中です。 プロジェリアの子供の平均余命は約13年です。 この病気にかかると、若くして亡くなる人もいれば、最長で 20 年も生きる人もいます。 プロジェリアの治療法はありませんが、進行中の研究では、治療の見込みがあることが示されています。 ハッチンソン・ギルフォード早老症症候群 プロジェリアの症状 通常、生後 1 年以内にプロジェリアの子供の成長は著しく遅くなりますが、運動発達と知性は正常なままです。 この進行性疾患の徴候と症状には、特徴的な外観が含まれます。 成長が遅く、身長と体重が平均以下 狭い顔、小さな下顎、薄い唇、くちばしのある鼻 顔の割に頭が異常に大きい 目立つ目とまぶたの不完全な閉鎖...

Read more
No Content Available
ADVERTISEMENT

POPULAR POST

No Content Available

YOGA POSES

FOLLOW OUR INSTAGRAM

[jnews_footer_instagram compatible_column_notice=”” footer_instagram_row=”2″ footer_instagram_column=”5″ footer_instagram_sort_type=”most_like” footer_instagram_hover_style=”like” footer_instagram_newtab=”true” footer_instagram_username=”bryceyoga” footer_instagram_follow_button=”@INSTAGRAM”]