Tag: にきび治療

レチノールはにきびの治療に役立ちますか?

レチノールはにきびの治療に役立ちますか?

レチノールは、軽度のにきびを治療し、肌の外観を改善することができる一般的なスキンケア成分です。 レチノールは専門家がレチノイドと呼ぶ薬のグループに属しており、血清、ジェル、クリーム、ローション、ワイプの形で入手できます。 この記事では、レチノールとは何か、どのように機能するか、レチノールの使用方法について説明します。 また、レチノールの他の利点、および潜在的な副作用についても説明します。 レチノールとは何ですか? レチノール レチノールは、レチノイドとして知られている薬のグループに属しています。 レチノイドはビタミンAに由来します。ビタミンAは、免疫、目の健康、皮膚の健康に重要な役割を果たす必須のビタミンです。 ビタミンAは、コラーゲンとエラスチンのタンパク質の生成を刺激することにより、肌がそれ自体を維持するのを助けます。 レチノールは、アンチエイジングやアンチニキビ製品を含む多くのスキンケア製品の一般的な成分です。 一部の人々はまた、レチノールを薬用化粧品と呼ぶかもしれません。 レチノールは通常、局所用製品です。つまり、クリーム、ジェル、または美容液として利用でき、人が直接肌に塗ることができます。 レチノールは、トレチノインなどの処方強度のレチノイドと同じではありません。 レチノールは処方薬よりも強力ではありませんが、パルミチン酸レチニルなどの他の市販(OTC)レチノイドよりも強力です。 レチノールはにきびを治療できますか? 1971年以来、皮膚科医は皮膚の状態を治療するためにレチノールなどの局所レチノイドを推奨してきました。 特に、皮膚科医は、にきび、細かいしわ、または色素沈着過剰の治療にレチノールを推奨する場合があります。 にきびは、油や死んだ皮膚細胞が皮膚の毛穴を塞ぐときに発生する可能性があります。 その後、細菌が閉塞と混ざり合い、炎症や隆起を引き起こす可能性があります。 レチノールと他のレチノイドは、毛穴の詰まりを取り除き、皮膚がそれ自体を修復できるようにするのに役立ちます。 ...

皮膚へのナイアシンアミドとレチノールの利点

皮膚へのナイアシンアミドとレチノールの利点

ナイアシンアミドとレチノールは、にきびや肌の色むらを治療できるスキンケア成分です。 ナイアシンアミドとレチノールを別々に使用する人もいれば、それらを組み合わせて両方の利点を享受する人もいます。 この記事では、肌に対するナイアシンアミドとレチノールの利点を説明し、通常のスキンケアルーチンの一部としてそれらを一緒に使用する方法を説明します。 ナイアシンアミドとは何ですか? ニコチンアミド、ニコチンアミドと呼ばれることもあります ナイアシンアミドは必須の水溶性ビタミンであり、ビタミンB3またはナイアシンの一種です。 ナイアシンアミドはニコチンアミドとしても知られています。 ナイアシンアミドは必須のビタミンであり、体がナイアシンアミドを生成できないため、人々は食事からナイアシンアミドを摂取する必要があります。 体内では、ナイアシンアミドは炎症を軽減し、細胞のエネルギーを増加させ、DNA損傷を修復するのに役立ちます。 現在、多くのスキンケア製品にはナイアシンアミドが含まれており、その利点の一部を直接肌に届けています。 ナイアシンアミド含有量のスキンケア製品を選択するとき、人々はそれをこの化学物質の異なる形態であるナイアシンを含む製品と間違えるべきではありません。 レチノールとは何ですか? レチノール レチノールは、ビタミンA誘導体であるレチノイドの市販(OTC)形態です。 ビタミンAは、人々が食事から摂取しなければならないもう1つの必須ビタミンです。 ビタミンAは、免疫力、目の健康、皮膚の健康に重要な役割を果たします。 レチノールは、トレチノインなどの処方強度のレチノイドと同じではありません。 レチノールは、パルミチン酸レチニルなどの他のOTCレチノイドよりも強力ですが、処方薬よりも強力ではありません。 ナイアシンアミドの利点は何ですか? 局所(皮膚に塗布)ナイアシンアミドは、これらの皮膚の問題の治療に役立つ可能性があります: ...

にきびやしわを治療するためのベスト10レチノールクリーム

にきびやしわを治療するためのベスト10レチノールクリーム

レチノールはビタミンAの誘導体であり、肌に塗るとさまざまな効果があります。 人々はしわ、にきび、セルライトを治療するためにレチノールクリームを使用しています。 レチノールは毛穴の詰まりを取り除くのにも役立ちます。 2016年、食品医薬品局(FDA)は、12歳以上の人々のにきびの治療に役立つ市販のレチノールジェルを承認しました。 レチノールの量は製品ごとに大きく異なります。 したがって、ニーズに合った適切な濃度の製品を1つ見つける必要があります。 処方強度の高い製品については、医師に相談する必要があるかもしれません。 62人を対象とした2015年の研究によると、レチノールは効果的である可能性があります。 0.1%の安定化レチノールを使用した1年間で、カラスの足の細い線は44%改善され、まだらの色素沈着は84%改善されました。 以下は10の最高のレチノールクリームです。 効果を確認するには、数週間にわたってレチノールクリームを使用する必要があるかもしれません。 2022年に最高のレチノールクリーム 1.スキンシューティカルズレチノール0.3% 製造元のSkinCeuticalsは、この製品が次の外観を改善できると述べています。 皮膚の変色 シワ 毛穴 皮膚の傷 長所 この製品には適度な量のレチノールが含まれており、初心者に適しています。 ...

Acne fulminans:症状と治療

Acne fulminans:症状と治療

カテゴリー:濾胞性障害 サブカテゴリ:Acne conglobata ICD-10:L70.1 ICD-11:ED80.40 SNOMED CT:4659007 にきびフルミナンとは何ですか? 劇症のアクネは、全身症状を伴う、まれで非常に重症のコングロバタになります。 Acne fulminansは、ほとんどの場合、青年期の男性に発生します。 アクネフルミナン 顔にひどいニキビアクネフルミナンからの瘢痕劇症にきびの臨床的特徴 Acnefulminansには次の特徴があります。 突然の発症 胸と背中に炎症性で潰瘍性の結節性痂皮があり、痛みを伴う 体幹上半部の潰瘍の上の出血クラスト 重度のにきびの瘢痕 変動する熱 症例の20%の仙腸関節、足首、肩、膝関節を含む痛みを伴う関節 ...

薬の使用によるにきび

薬の使用によるにきび

にきびの発疹は、薬を使用することによって引き起こされたり悪化したりすることがあります。 ホルモン いくつかのホルモン剤は、にきびを引き起こしたり悪化させたりする可能性があります。 経口コルチコステロイド。これは、毛包内の酵母菌の増殖を増加させることによってステロイドにきびを引き起こす可能性もあります。 避妊薬:メドロキシプロゲステロン注射(Depo-Provera™)、埋め込み(Jadelle™またはImplanon™)または子宮内プロゲステロン(例:Mirena™)、および循環性ホルモン結合グロブリン(SHBG)を減少させる経口避妊薬は、女性のにきびを悪化させることがあります テストステロン ダナゾール、スタノゾロール、ナンドロロンなどの同化ステロイドホルモンは、にきびコングロバタやにきびフルミナンを含む重度のにきびを引き起こす可能性があります アスリートやボディビルダーは、筋肉量を増やすため、アナボリックステロイドを乱用することがあります。 これらの場合のいくつかでは、重度のにきびが発生する可能性があります。 その他の薬 他のさまざまな薬は、免疫系に影響を与えるため、にきびを引き起こす可能性があります。 m-TOR経路を介したインスリンおよびインスリン様成長因子の刺激。 そしてそれらが毛包に及ぼすかもしれない直接的な影響。 にきびを悪化させる可能性のある薬は次のとおりです。 ハロゲン(ヨウ化物、塩化物、臭化物、ハロタン) 抗てんかん薬(カルバマゼピン、フェニトイン、フェノバルビタール) 抗結核薬(エチオナミド、イソニアジド、リファンピシン) 抗うつ薬(リチウム、アモキサピン) シクロスポリン ビタミンB群(B6、B12、シアノコバラミン) ...

にきびアグミナタとは何ですか?

にきびアグミナタとは何ですか?

同義語:Kaposi acne telangiectoides、Lupus miliaris disseminatus faciei、顔面の結核性皮膚炎、播種性毛嚢炎、退行性進化を伴う顔面特発性肉芽腫、Barthelemy acnitis カテゴリ: 濾胞性障害 ICD-10:L71.8 ICD-11:ED90.Y SNOMED CT:238752009 にきびアグミナタとは何ですか? にきびアグミナタはまれな皮膚障害で、顔、特にまぶた、額、頬、あごに赤褐色のしこりや隆起が見られます。 脇の下にも発生する可能性があります。 にきびagminataAcne agminataは、1878年にTilburyFoxによって播種性毛嚢炎として最初に説明されました。 これらはこの障害の他の名前です: Lupus ...

POPULAR POSTS