Tag: はしかワクチン

はしか:原因、症状、治療

はしかは、ルベオラウイルスによって引き起こされる感染症です。 この病気は、ウイルスに感染している人と直接接触するか、空気中の飛沫を介して広がります。 はしかは伝染性の高い病気であり、生命を脅かす合併症を引き起こす可能性があります。 米国疾病予防管理センター(CDC)によると、はしかにかかった米国の人々の約20%が病院で過ごす必要があり、死亡率は0.1%〜0.3%です。 予防接種ははしかから効果的に保護します。 免疫力の低下など、他の健康状態のために予防接種を受けられない人もいます。 しかし、世界保健機関(WHO)が発表した記事によると、人口の93〜95%がワクチンを接種した場合、危険にさらされている人ははしかにかかる可能性は低くなります。 WHOはまた、2018年には14万人以上がはしかで亡くなり、そのほとんどが5歳未満であったと推定しています。 しかし、効果的な予防接種プログラムにより、この数字は2000年より73%低くなっています。 はしかの症状 はしかは、不快な症状を引き起こすウイルス性疾患であり、生命を脅かす、または人生を変えるような合併症を引き起こす可能性があります。 CDCは、症状は通常、曝露後7〜14日で現れると述べています。 しかし、WHOによると、症状が現れるまでに最大23日かかる可能性があります。 はしかの症状は次のとおりです。 発熱、おそらく華氏104度(摂氏40度)まで 咳 鼻水の垂れている鼻 くしゃみ 涙目 体の痛み ...

POPULAR POSTS