Tag: みぞおちヘルニア

心窩部ヘルニアの症状と治療

ヘルニアは、体の組織が周囲の筋肉を押していく結果として生じる膨らみです。 ヘルニアの症例の大部分は腹部で発生し、心窩部ヘルニアを含むいくつかのタイプの腹部ヘルニアがあります。 みぞおちヘルニアとは何ですか? 心窩部ヘルニアは痛みを引き起こす可能性があります。 みぞおちヘルニアは、へその上で胸骨のすぐ下にあるみぞおちと呼ばれる領域で、腹壁の上部に発生するしこりまたは膨らみです。 心窩部ヘルニアは出生時から存在する可能性があります。 心窩部ヘルニアはサイズが異なる場合があり、一度に複数の心窩部ヘルニアが発生する可能性があります。 通常、心窩部ヘルニアは小さく、腹部の内層だけが周囲の組織を突き破ります。 ただし、ヘルニアが大きくなると、脂肪組織または胃の一部が押し出される可能性があります。 多くの人にとって、小さなヘルニアは問題を引き起こさず、特定の時間にのみ現れる可能性があり、横臥時に目立たない場合があります。 多くの人は、心窩部ヘルニアに気づいていません。 原因と危険因子 心窩部ヘルニアは通常、出生時から発症します。 心窩部ヘルニアは、腹壁の筋肉の衰弱または発達中の腹部組織の不完全な閉鎖の結果として形成されます。 心窩部ヘルニアを引き起こしたり悪化させたりする可能性のあるいくつかの要因は次のとおりです。 肥満 妊娠 咳 重い物を持ち上げる 肉体労働 ...

POPULAR POSTS