Tag: アストロウイルスの症状

アストロウイルスによる胃腸炎

アストロウイルスは、下痢性疾患(胃腸炎)を引き起こすウイルスの一種です。 乳幼児はアストロウイルスによる下痢を起こす可能性が最も高いですが、感染は高齢者や免疫力が低下している人にも起こります。 アストロウイルスは他の一般的なウイルス感染症と同様の症状を引き起こす可能性がありますが、アストロウイルス感染症による下痢性疾患は、一般的にロタウイルスやノロウイルスによる下痢よりもはるかに軽度です。 アストロウイルス感染症も、治療を必要とすることはめったにありません。 アストロウイルス感染の症状 アストロウイルスは、人間に胃腸炎を引き起こす可能性のあるいくつかの病原体の1つです。 アストロウイルスによって引き起こされる主な症状は下痢です。 ロタウイルスやノロウイルスなどの胃腸炎を引き起こす他の微生物と比較して、アストロウイルスによって引き起こされる下痢は通常軽度です。 軽度の下痢が主な症状ですが、病気になった人は、胃腸炎の他の一般的な症状もある可能性があります。 吐き気 嘔吐 腹痛 食欲減少 体の痛み 熱 アストロウイルス感染症の症状は通常軽度であり、治療をしなくても自然に解消します。 病気はほんの数日続く可能性があり、長期的な健康上のリスクや合併症はほとんどありません。 入院が必要になることはめったにありません。 乳児、非常に幼い子供、高齢者、免疫力が低下している人(癌の治療を受けている人やHIVと共に生きている人など)は脱水症状になる可能性が高くなります。 免疫システムが損なわれていない健康な人は、通常、数日でアストロウイルス感染から回復します。 ...

POPULAR POSTS