Tag: ウェルシュ菌

ウェルシュ菌による食中毒

ウェルシュ菌による食中毒とは何ですか? ウェルシュ菌による食中毒は、ウェルシュ菌(ウェルシュ菌)の感染によって引き起こされます。 ウェルシュ菌は通常、人間や多くの動物の腸に存在し、土壌や人間や動物の糞便で汚染された領域にも存在します。 ウェルシュ菌ウェルシュ菌による食中毒の原因は何ですか? ほとんどの場合、ウェルシュ菌による食中毒は、調理が不十分で不適切に保管された食品を食べると発生します。 通常、調理後の食品にはバクテリアが含まれていますが、食品を屋外に置いて冷蔵する前に冷やすと、これらのバクテリアが増殖して食中毒を引き起こす可能性があります。 一般的に感染する食品には、肉、肉製品、肉汁が含まれます。 ウェルシュ菌による食中毒の症状 症状には、激しい腹部けいれんや水様性下痢などがあります。 あなたの症状は通常、ウェルシュ菌を大量に含む食品を食べてから6〜24時間後に現れます。 この病気は通常24時間以内に終わります。 軽度の症状は1週間または2週間続く場合があります。 ウェルシュ菌による食中毒はどのように診断されますか? あなたの医者はあなたの病歴とあなたの体の健康を調べ、そしてあなたの症状、あなたが最近食べた食べ物、そしてあなたの仕事と家庭の環境についてあなたに尋ねます。 診断を確定するために、便培養と血液検査が行われる場合があります。 ウェルシュ菌による食中毒の治療法は? ウェルシュ菌による食中毒は、この病気が終わるまで合併症を管理することで治療します。 下痢と嘔吐によって引き起こされる脱水症は、最も一般的な合併症です。 医師の勧めがない限り、抗生物質やその他の治療法を含む薬を使用しないでください。 脱水症状を防ぐために、水分補給用の飲み物(Pedialyteなど)を頻繁に飲んでください。 ...

POPULAR POSTS