Tag: ウエストナイルウイルス治療

ウエストナイルウイルス:症状と治療

概要 蚊が媒介するウイルスは、ウエストナイルウイルス感染のほとんどの症例を引き起こします。 ウエストナイルウイルスに感染したほとんどの人は、症状が出ないか、発熱や軽い頭痛などの軽度の症状しかありません。 しかし、脊髄や脳の炎症を含む生命を脅かす病気を発症する人もいます。 ウエストナイルウイルス(黄色)ウエストナイルウイルス感染の軽度の症状は、一般的に自然に消えます。 しかし、重度の頭痛、発熱、方向感覚の喪失、突然の脱力感などの重度の症状には、早急な対応が必要です。 ウエストナイルウイルスが存在する蚊にさらされると、感染するリスクが高まります。 蚊よけ剤を使用し、皮膚を覆う衣服を着用してリスクを軽減することにより、蚊から身を守ります。 ウエストナイルウイルス感染の症状 ウエストナイルウイルスに感染したほとんどの人には症状がありません。 軽度の感染症状 約20%の人がウエストナイル熱と呼ばれる軽度の感染症を発症します。 一般的な症状は次のとおりです。 熱 頭痛 体の痛み 嘔吐 下痢 倦怠感 皮膚の発疹 ...

POPULAR POSTS