Tag: クロイツフェルト・ヤコブ病の診断

クロイツフェルト・ヤコブ病

クロイツフェルト・ヤコブ病とは何ですか? クロイツフェルト・ヤコブ病は、認知症、そして最終的には死に至る退行性脳障害です。 クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の症状は、アルツハイマー病などの他の認知症のような脳障害の症状に似ている可能性があります。 しかし、クロイツフェルト・ヤコブ病は通常、はるかに急速に進行します。 CJDは、病気の牛の肉を食べた後、英国の一部の人々がこの病気の一種である変異型CJD(vCJD)を発症した1990年代に世間の注目を集めました。 しかし、「古典的な」クロイツフェルト・ヤコブ病は、汚染された牛肉とは関係がありません。 深刻ではありますが、CJDはまれであり、vCJDは最も一般的でない形式です。 世界中で、毎年100万人あたりに診断されたCJDの症例は推定1例であり、ほとんどの場合、高齢者に見られます。 クロイツフェルト・ヤコブ病の症状 クロイツフェルト・ヤコブ病は、通常数ヶ月以内に急速な精神的悪化を特徴とします。 通常、初期症状は次のとおりです。 性格の変化 不安 うつ 記憶喪失 思考障害 かすみ目または失明 不眠症 発話困難 嚥下困難 ...

POPULAR POSTS