Tag: コロナウイルス変異

突然変異はコロナウイルスが抗体を回避するのを助けます

COVID-19ウイルスは比較的遅い進化を遂げていますが、最近のいくつかの変異は大きな影響を及ぼしています。 これらの変異のいくつかは、ウイルスのスパイクタンパク質の受容体結合ドメイン(ウイルスがヒト細胞に結合することを可能にする部分)にあります。 国際的な研究チームが突然変異の1つを研究し、実験室でのテストで、ウイルスが以前の株の感染性を維持しながら免疫系の一部を回避できることを発見しました。 懸念している間、突然変異がウイルスが免疫系による制御を完全に逃れることを可能にするという証拠はありません。 しかし、それは将来の治療法が抵抗の可能性の増加を考慮に入れる必要があることを意味します。 研究者の国際チームは、SARS-CoV-2スパイクタンパク質N439Kのアミノ酸変化の影響と分子メカニズムを特徴づけました。 この変異を持つウイルスは一般的であり、世界中に急速に広がっています。 査読版の研究は1月28日にジャーナルに掲載されます 細胞。 研究者らは、この変異を持つウイルスは、病原性と拡散能力が野生型ウイルスに似ているが、ヒトアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)受容体により強く結合できることを発見しました。 重要なことに、研究者は、この突然変異が、米国食品医薬品局によって緊急使用が許可された治療の一部であるものを含む、一部の個人の血清抗体および多くの中和モノクローナル抗体に対する耐性を与えることを示しています。 「これは、ウイルスが免疫優勢ドメインを変更して、感染して病気を引き起こす能力を維持しながら免疫を回避する多くの方法があることを意味します」と、VirBiotechnologyの構造生物学のシニアディレクターである上級著者GyorgySnellは述べています。 「この論文からの重要な発見は、スパイクタンパク質の免疫優勢受容体結合モチーフ(RBM)に見られる変動の程度です。」 最近出現した英国の亜種B.1.1.7と南アフリカの亜種B.1.351は、これまでより注目を集めていますが、N439K変異は、受容体結合ドメイン(RBD)で2番目に一般的です。 N439K変異は、2020年3月にスコットランドで最初に検出され、それ以来、他のヨーロッパ諸国で独立して2番目の系統(B.1.258)が出現し、2021年1月までに世界30か国以上で検出されました。 Cellの研究では、N439KRBDのX線結晶構造も報告されています。 「私たちの構造解析は、この新しい突然変異がウイルスとACE2受容体の間に追加の相互作用を導入することを示しています」とSnellは言います。 「単一のアミノ酸の変化(アスパラギンからリジンへ)は、結合親和性の測定された2倍の増加と一致して、ACE2受容体との新しい接触点の形成を可能にします。 したがって、この変異はウイルス受容体ACE2との相互作用を改善し、抗体を介した免疫を回避します。」 研究者は、N439K変異がウイルス複製を変化させないと判断した後、回復した患者からの440を超えるポリクローナル血清サンプルと140を超えるモノクローナル抗体の結合を分析することにより、抗体を介した免疫の回避を可能にするかどうかを研究しました。 ...

POPULAR POSTS