Tag: コロナウイルス変異体

デルタ以外:他のコロナウイルス変異体は何ですか?

人々はCOVID-19のワクチン接種を受けるのを待ちます。全世界が、新しいコロナウイルスの急速に広がるデルタ変異体をフォローアップしています。 ただし、このバリアントは変異が発見されておらず、調査するバリアントは他にもたくさんあります。 SARS-CoV-2ウイルス(COVID-19病を引き起こすウイルスの名前)の継続的な蔓延により、ギリシャ文字の亜種が生まれました。これは、世界保健機関(WHO)が新しい突然変異に関して追跡するために使用する命名システムです。ウイルスの。 いくつかの突然変異は、ウイルスに人間に感染したり、ワクチン保護を回避したりするためのより良い方法を備えています。 科学者たちはデルタに焦点を合わせ続けており、現在は世界中で急速に上昇している主要な変種ですが、いつかその場所がどうなるかを見るために他の人を追跡しています。 SARS-CoV-2のデルタバリアント インドで最初に検出されたデルタバリアントは、依然として最も懸念されています。 デルタバリアントは、多くの国でワクチン未接種の集団を攻撃しており、前任者よりも高い割合のワクチン接種を受けた人々に感染する可能性があることが証明されています。 WHOは、デルタを懸念のある変異株として分類しています。つまり、この変異株は、伝染性を高め、より重篤な病気を引き起こしたり、ワクチンや治療の効果を低下させたりする可能性があることが示されています。 サンディエゴのラホラ免疫学研究所のウイルス学者兼教授であるシェーンクロッティによると、デルタの「超大国」はその伝達性です。 中国の研究者は、デルタ変異体に感染した人々は、元のバージョンのコロナウイルスと比較して、鼻に1,260倍のウイルスを持っていることを発見しました。 一部の米国の研究では、デルタ変異体に感染したワクチン接種を受けた人の「ウイルス量」は、ワクチン接種を受けていない人と同等であることが示唆されていますが、さらなる研究が必要です。 元のコロナウイルスが症状を引き起こすのに最大7日かかりましたが、デルタバリアントは、症状を2〜3日早く引き起こす可能性があり、免疫系が反応して防御を開始する時間が短くなります。 デルタ変異体もさらに変異しているようであり、免疫保護を回避することが示されている追加の変異を持つ亜系統である「デルタプラス」変異体が出現したという報告があります。 インドは2021年6月にデルタプラスを懸念の変種として挙げましたが、米国疾病予防管理センターもWHOもまだそうしていません。 オープンソースのCOVID-19データベースであるOutbreak.infoによると、デルタプラスは少なくとも32か国で検出されています。 専門家は、この変種がより危険であるかどうかはまだ明らかではないと言います。 SARS-CoV-2のラムダ変異体 ラムダバリアントは、潜在的な新しい脅威として注目を集めています。 しかし、2020年12月にペルーで最初に確認されたこのバージョンのコロナウイルスは後退している可能性がある、といくつかの感染症専門家はロイターに語った。 ...

POPULAR POSTS