Tag: サナダムシ薬

条虫感染症:症状、原因、および治療

概要 条虫感染症は、条虫の卵や幼虫で汚染された食物や水を摂取することによって引き起こされます。 特定の条虫の卵を摂取すると、腸の外に移動して、体の組織や臓器に幼虫の嚢胞を形成する可能性があります(侵襲性感染症)。 サナダムシの幼虫を摂取すると、腸内で成虫のサナダムシに成長します(腸の感染症)。 人の腸内の条虫の画像。 サナダムシは寄生性扁形動物の一種です。成虫の条虫は、頭、首、およびプログロティッドと呼ばれるセグメントのチェーンで構成されています。 腸内条虫に感染すると、条虫の頭が腸壁に付着し、条虫が成長して卵子を産みます。 成虫の条虫は、宿主の中で最長30年間生きることができます。 腸条虫感染症は通常軽度で、成虫の条虫は1つか2つだけです。 しかし、侵襲性の幼虫感染は深刻な合併症を引き起こす可能性があります。 条虫感染症の症状 腸条虫感染症の人の多くは症状がありません。 感染による問題がある場合、症状はサナダムシの種類とその場所によって異なります。 侵入性条虫感染症の症状は、幼虫が移動した場所によって異なります。 腸の感染症 腸の感染症の症状は次のとおりです。 吐き気 弱点 食欲減少 腹痛 ...

POPULAR POSTS