Tag: テノホビルジソプロキシルフマル酸塩

テノホビルによるB型肝炎の治療

テノホビルは、フマル酸テノホビルジソプロキシルとも呼ばれ、成人および12歳以上の小児の慢性B型肝炎(HBV)を治療するための抗ウイルス薬です。 この薬は、他の薬と組み合わせて、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を治療するためにも使用されます。 ギリアド・サイエンシズ社からVireadというブランド名で販売されています。 HBVは非細胞障害性ウイルスであり、ウイルス自体が肝臓に直接損傷を与えることはありません。 むしろ、体がHBVに感染すると、免疫系がウイルスに攻撃を仕掛け、炎症や肝臓への損傷という形で巻き添え被害を引き起こします。 テノホビルは、ヌクレオシド逆転写酵素阻害剤(NRTI)として知られる薬剤のクラスの一部です。 この薬は、血液中のB型肝炎ウイルスの量を減らし、免疫応答を抑えます。 この薬はB型肝炎を治すことはできず、肝硬変や肝臓癌などの病気の合併症を防ぐことはできず、他の人へのウイルスの拡散を防ぐこともできません。 B型肝炎の治療におけるテノホビルの有効性 テノホビルはB型肝炎を非常に効果的に治療できる人もいます。 状況によっては、テノホビルはアデホビルやラミブジンよりも効果的です。 研究によると、テノホビルは、特にラミブジンに対する耐性を発達させた人々にとって、HBVの安全で効果的な長期治療であることが示唆されています。さらに、この研究は、テノホビルが腎臓関連の副作用をほとんど引き起こさず、骨量減少を引き起こさないことを示唆しています。 テノホビルの使い方 Vireadは300mgの錠剤です。 慢性B型肝炎の場合、成人の通常の投与量は1日1回300 mgで、食事の有無にかかわらず服用できます。 この投与量は、腎臓に問題のある人のために変わる可能性があります。 テノホビルの費用 テノホビルによる1年間の治療には、8,000米ドル以上の費用がかかる可能性があります。 ただし、薬の費用は、健康保険に加入しているかどうか、住んでいる場所、使用している薬局など、多くの要因によって大きく異なります。 ...

POPULAR POSTS