Tag: ドーパミン

ドーパミン作動薬について知っておくべきこと

ドーパミン作動薬は、パーキンソン病などの状態を治療する薬の一種です。 ドーパミンアゴニストは、さまざまな身体的および精神的機能に重要な化学物質であるドーパミンを模倣します。 低レベルのドーパミンは、うつ病、統合失調症、およびパーキンソン病に関連しています。 この記事では、ドーパミン作動薬がどのように機能するか、どのような病気を治療するか、そしてそれらの副作用について詳しく学びます。 ドーパミン作動薬とは何ですか? ドーパミン作動薬は、ドーパミンの喪失によって発生する病気を治療する処方薬です。 人はドーパミンアゴニストを単独で、または他の薬や治療法と一緒に使用することができます。 ドーパミンは神経伝達物質です。 神経伝達物質は、神経細胞から体の他の細胞に信号を渡す化学メッセンジャーです。 ドーパミンは、動き、記憶、気分、学習、認知などの機能を助けます。 人が十分なドーパ​​ミンを持っていない場合、彼らは特定の病状を発症する可能性があります。 ドーパミンアゴニストは、人の体のドーパミンの代わりをするのを助けます。 米国食品医薬品局によって承認されたさまざまなドーパミンアゴニストがあります。 プラミペキソール(ミラペックス) ロピニロール(必要) アポモルヒネ注射(アポキン) ロチゴチン(Neupro) 医師は、さまざまな症状や病気を治療するためにさまざまなドーパミンアゴニストを処方します。 ドーパミン作動薬はどのように機能しますか? 体内には2種類のドーパミン受容体があり、どちらもサブグループが異なります。 ...

POPULAR POSTS