Tag: ニンニク

にんにくを食べすぎると悪影響があります

ニンニクは私たちの健康に多くの利点がありますが、ニンニクを食べすぎるといくつかの副作用を引き起こす可能性があります。 これらの悪影響には、肝臓の損傷、吐き気、嘔吐、胸焼け、下痢、出血などがあります。 この記事では、ニンニクの潜在的な悪影響について説明します。 にんにくを食べることの悪影響にんにくを食べすぎると悪影響があります 1.ニンニクは肝臓の損傷を引き起こす可能性があります にんにくを食べすぎると肝臓に影響を与える可能性があります。 生にんにくには抗酸化作用がありますが、にんにくを食べすぎると肝毒性を引き起こす可能性があります。 ラットの研究によると、高用量(体重1kgあたり0.5グラム)のニンニクは肝臓の損傷を引き起こす可能性があります。 しかし、毎日の低用量のニンニク(体重1kgあたり0.1グラムから0.25グラム)は肝臓にとって安全です。 2.にんにくは悪臭の原因になります イタリアのある報告によると、ニンニクの呼吸と体臭は、ニンニクを食べることによる最も一般的な副作用の2つでした。 にんにくを食べると、呼吸や体に悪臭がします。 にんにくのにおいは、歯を磨いた後もずっと口の中に残ることがわかっています。 一部の専門家は、口臭の原因となるニンニクに含まれる化学物質は、その利点をもたらすのと同じ化学物質であると信じています。 ただし、口臭は恥ずかしい思いをさせる可能性があります。 したがって、ニンニクを食べる前に、おそらくよく考える必要があります。 3.ニンニクは吐き気、嘔吐、胸焼けを引き起こす可能性があります 証拠は、空腹時に新鮮なニンニクを食べると、吐き気、嘔吐、胸焼けを引き起こす可能性があることを示唆しています。 特定の観察研究では、ニンニクを食べると胸焼けや吐き気を引き起こす可能性があることも示されています。 ニンニクを食べすぎると、胃食道逆流症(GERD)を引き起こす人もいます。 ...

POPULAR POSTS