Tag: ブドウ球菌による食中毒

ブドウ球菌による食中毒

ブドウ球菌による食中毒とは何ですか? ブドウ球菌による食中毒は、黄色ブドウ球菌(「ブドウ球菌」とも呼ばれます)によって産生される毒素で汚染された食品を食べることによって引き起こされる胃腸の病気です。 黄色ブドウ球菌は、健康な人や動物の最大25%の皮膚や鼻に見られる一般的な細菌です。 通常、これらの細菌は、食品に感染しない限り、これらの健康な人々に病気を引き起こすことはありません。 これらの細菌は、食中毒を引き起こす可能性のあるいくつかの種類の毒素を作る可能性があります。 ブドウ球菌による食中毒ブドウ球菌による中毒のリスクがあるのは誰ですか? ブドウ球菌毒素を摂取した後、誰でも胃腸の症状を発症する可能性があります。 ブドウ球菌を持っている人は、触れる前に手を洗わないと食品を汚染する可能性があります。 食品がブドウ球菌で汚染されている場合、これらの細菌は食品中で増殖し、人々を病気にする可能性のある毒素を生成する可能性があります。 ブドウ球菌は調理によって殺されますが、毒素は破壊されず、病気を引き起こす可能性があります。 スライスした肉、プリン、ペストリー、サンドイッチなど、取り扱い後に調理されない食品は、ブドウ球菌に汚染されていると特に危険です。 ブドウ球菌毒素で汚染された食品は、悪臭を放ったり、甘やかされて見えることはありません。 ブドウ球菌による食中毒の症状は何ですか? ブドウ球菌による食中毒は、通常、吐き気、嘔吐、腹痛を感じさせます。 ほとんどの人は下痢もしています。 症状は通常、ブドウ球菌毒素を含む食品または飲料水を食べてから30分から8時間以内に発症し、1日以内に続きます。 重度の病気になる人はほとんどいません。 この病気は、ある人から別の人に受け継がれることはありません。 ブドウ球菌による食中毒があるかどうかはどうすればわかりますか? 症状の種類からブドウ球菌食中毒を疑うことができます。 ...

POPULAR POSTS