Tag: ボツリヌス中毒

ボツリヌス中毒:症状、原因および治療

概要 ボツリヌス中毒は、ボツリヌス菌と呼ばれる細菌からの毒素によって引き起こされるまれですが深刻な病気です。 ボツリヌス中毒の3つの一般的な形態は次のとおりです。 食品由来のボツリヌス中毒。 有害なバクテリアは、家庭用缶詰食品など、酸素の少ない環境で繁殖し、毒素を生成します。 傷のボツリヌス中毒。 これらのバクテリアが切り傷を負うと、毒素を生成する危険な感染症を引き起こす可能性があります。 乳児ボツリヌス中毒。 この最も一般的な形態のボツリヌス中毒は、ボツリヌス菌の細菌胞子が赤ちゃんの腸管で増殖した後に始まります。 この病気は通常、生後2か月から8か月の乳児に発生します。 すべてのタイプのボツリヌス中毒は致命的である可能性があり、救急疾患と見なされます。 ボツリヌス菌。ボツリヌス中毒の症状 食品由来のボツリヌス中毒 食中毒の症状は通常、毒素が体内に入ってから12〜36時間後に始まります。 しかし、消費された毒素の量に応じて、症状の開始は数時間から数日まで及ぶ可能性があります。 食中毒の症状は次のとおりです。 嚥下障害または嚥下障害 口渇 顔の両側の顔の弱さ ぼやけたまたは複視 ...

POPULAR POSTS