Tag: ラミブジンの副作用

ラミブジンによるB型肝炎の治療

ラミブジンは慢性B型肝炎の治療に使用される抗ウイルス薬です。この薬は、通常他の抗ウイルス薬と組み合わせて、HIV感染症を治療するためにEpivir-HBVというブランド名で販売されています。 ラミブジン100mg錠実際、ラミブジンはもともとHIVの薬物治療として開発され、その後B型肝炎の治療に効果的な抗ウイルス剤であることがわかりました。慢性B型肝炎の治療の目標は、ウイルスの複製を抑制し、それによって肝臓の損傷を防ぐことです。 米国のほとんどの医師は、ほとんどの人が1〜2年で薬剤耐性を発症し、より効果的な他の薬剤があるため、通常、B型肝炎(HBV)患者の第一選択療法としてラミブジンを使用しません。 、ラミブジンは選択された個人にとって良い選択かもしれません。 他の治療オプションと比較したラミブジンの利点の1つは、比較的安価であるということです。B型肝炎に対するラミブジンによる1年間の治療は、約865米ドルの費用がかかる可能性があります。 ただし、薬の費用は、健康保険に加入しているかどうか、住んでいる場所、使用している薬局など、多くの要因によって大きく異なります。 ラミブジン薬の使い方 ラミブジンは液体の形でそして丸薬として利用できます。 この薬は通常1年間毎日服用し、食事の有無にかかわらず服用できます。 腎臓に問題がある人のために投与量を調整することができます。 ラミブジン薬の副作用 ラミブジンを服用している患者では、乳酸アシドーシスと呼ばれるまれで致命的となる可能性のある状態が発生する可能性があります。 ラミブジンを服用した後、次の症状を経験した患者は、緊急の医療援助を受ける必要があります:筋肉の痛みまたは衰弱、腕と脚のしびれまたは冷たさ、呼吸困難、胃の痛み、嘔吐を伴う吐き気、速いまたは不均一な心拍数、めまい、または非常に弱いまたは疲れていると感じています。 B型肝炎の場合は、この薬の服用を中止した後、中止してから数か月後でも肝臓の症状が現れることがあります。 あなたがラミブジンの使用をやめた後、あなたの医者はあなたの肝機能を数ヶ月間チェックします。 定期的に医師の診察を受けてください。 薬を服用している人も薬剤耐性を経験する可能性があることに注意してください。つまり、薬の効果は時間の経過とともに低下する可能性があります。 ラミブジンを服用してはいけない人 ラミブジンにアレルギーのある人は、この薬を服用しないでください。 また、ラミブジンを服用するとHIVの治療が著しく複雑になる可能性があるため、HIVの状態を知ることも重要です。 ...

POPULAR POSTS