Tag: 単核球症

伝染性単核球症

概要 伝染性単核球症はしばしば「キス病」と呼ばれます。 単核球症の原因となるウイルスは唾液を介して伝染するため、キスをすることでウイルスに感染する可能性があります。 しかし、単核球症の人とガラスや食器を共有することによっても暴露される可能性があります。 ただし、単核球症は、風邪などの一部の感染症ほど伝染性ではありません。 若年成人の場合、すべての症状を伴う単核球症になる可能性が最も高くなります。 幼児は通常症状がほとんどなく、感染が認識されないことがよくあります。 単核球症の場合は、脾臓の肥大などの特定の合併症に注意することが重要です。 単核球症の症状 単核球症の症状には以下が含まれます: 倦怠感 喉の痛み、おそらく連鎖球菌性咽頭炎と誤診されますが、抗生物質による治療後は改善されません 熱 首や脇の下のリンパ節の腫れ 扁桃腺の腫れ 頭痛 皮膚の発疹 柔らかく腫れた脾臓 ウイルスの潜伏期間は約4〜6週間ですが、幼児の場合はこの期間が短くなる可能性があります。 発熱や喉の痛みなどの症状は通常2週間以内に軽減しますが、倦怠感、リンパ節の腫大、脾臓の腫れは数週間長く続く場合があります。 ...

POPULAR POSTS