Tag: 扁平上皮がんの治療

皮膚の扁平上皮がんの治療法の選択肢

扁平上皮がんは、真皮に浸潤する表皮ケラチノサイトの悪性腫瘍です。 この癌は通常、日光にさらされた領域で発生します。皮膚のほとんどの扁平上皮がんは、早期に発見して治療すれば治癒する可能性があります。 より進行した扁平上皮癌は治療がより困難であり、危険になり、局所リンパ節、遠隔組織および臓器に広がる可能性があるため、診断後できるだけ早く治療を行う必要があります。 以下は、皮膚の扁平上皮がんを治療するためのオプションです。 広がっていない扁平上皮癌と診断された場合、通常外来で行うことができるいくつかの効果的な治療法があります。 治療法の選択肢は、腫瘍の種類、大きさ、場所、深さ、年齢、全体的な健康状態によって異なります。 扁平上皮がんの治療法の選択肢 医学療法 局所療法 5-フルオロウラシル イミキモド 病巣内治療 5-フルオロウラシル メトトレキサート インターフェロンアルファ-2a インターフェロンアルファ-2b ブレオマイシン 全身療法 アシトレチン カペシタビン ...

POPULAR POSTS