Tag: 灼熱感

下腹部の灼熱感について知っておくべきこと

下腹部に「灼熱感」を経験する人は、泌尿器科、婦人科、または消化器系の病気にかかっている可能性があります。 下腹部の灼熱感の原因には、胃食道逆流症(GERD)、消化性潰瘍疾患(PUD)、腎臓結石、特定の婦人科疾患、および癌が含まれる場合があります。 下腹部の灼熱感は一般的ではないことに注意する必要があります。 灼熱感は上腹部でより一般的であり、痛みは通常GERDまたはPUDに関連しています。 下腹部の灼熱感はしばしば排尿を伴います。これは、尿路感染症(UTI)である可能性があることを意味します。 ただし、UTIは腹痛を示さない場合があります。 女性の場合、下腹部の痛みに関連する複数の婦人科疾患があり、灼熱感に似ていると感じるかもしれません。 下腹部の灼熱感に関連する可能性のある他の病気があります。 症状については医師に相談してください。 この記事では、下腹部の灼熱感の考えられる原因、関連する症状、および症状の治療方法について詳しく学びます。 下腹部の灼熱感の原因 1.胃食道逆流症(GERD) 腹部の灼熱感は、消化器系に影響を与える慢性症状であるGERDの症状である可能性があります。 それは私たちの国で最も一般的な消化器疾患の1つです。 医師は、GERDを発症する特定の危険因子を特定できます。 たとえば、食道の動きに影響を与える運動異常がある人もいます。 この問題は、食道の内容物を取り除く能力に影響を与える可能性があります。 もう1つの考えられる危険因子は、下部食道括約筋の機能障害です。これにより、酸性の胃内容物が食道を通って上昇する可能性があります。 症状 腹部の灼熱感は別として、GERDの人は以下を経験するかもしれません: ...

POPULAR POSTS