Tag: 神経因性疼痛

神経障害性疼痛緩和のためのエッセンシャルオイル

エッセンシャルオイルには、濃縮された植物抽出物が含まれています。 いくつかのエッセンシャルオイルを使ったアロマテラピーは、神経障害性の痛みを和らげるのに役立つかもしれません。 ニューロパシーは、神経損傷の結果として発症する病気の総称です。 ニューロパシーの最も一般的な形態の1つは糖尿病性末梢ニューロパシーであり、これは糖尿病患者の50%に発生します。 末梢神経障害は通常、人の手と足に影響を及ぼします。 痛み、チクチクする感覚、しびれを引き起こす可能性があります。 他のタイプの神経障害も糖尿病患者に発症する可能性があります。 研究によると、いくつかのエッセンシャルオイルは炎症や神経損傷に起因する痛みを軽減するのに役立つ可能性があります。 しかし、研究の多くは動物モデルと個々の事例研究から来ています。 この記事では、神経障害性の痛みを和らげる可能性のあるいくつかのエッセンシャルオイルとそれを裏付ける証拠をお勧めします。 また、オイルの使用方法、リスクと考慮事項、その他の治療法、神経障害の原因と症状についても説明します。 生姜油 生姜油を使用すると、炎症状態による神経障害性の痛みを軽減することができます。 2014年の研究では、慢性腰痛のある140人の高齢者を対象に、芳香性ジンジャーオイルを使用したスウェーデン式マッサージと伝統的なタイ式マッサージの効果を比較しました。 どちらの治療法でも症状は改善しましたが、痛みや障害を軽減するには、タイ式マッサージよりも芳香性ジンジャーオイルを使ったスウェーデン式マッサージの方が効果的でした。 生姜油には、強力な抗炎症作用を持つジンギパインと呼ばれる化合物が含まれています。 したがって、ジンギパインは、炎症状態に起因する神経障害性疼痛を軽減する可能性があります。 カモミールオイル カモミールとラベンダーのエッセンシャルオイルに含まれる化合物であるボルネオールは、神経障害に関連する痛みと炎症を軽減する可能性があります。 2015年の研究では、ボルネオールが神経因性疼痛のあるマウスの疼痛感受性を低下させることがわかりました。 ...

POPULAR POSTS