Tag: 胸部大動脈瘤のケア

胸部大動脈瘤の治療

胸部大動脈瘤治療の目標は、動脈瘤の成長を防ぎ、解離または破裂する前に動脈瘤を治療することです。 胸部大動脈瘤のサイズと成長率に応じて、治療は注意深い経過観察(モニタリング)から手術までさまざまです。 胸部大動脈瘤の治療 動脈瘤のモニタリング 胸部大動脈瘤が小さい場合、医師は、他の病状の投薬や管理とともに、動脈瘤を監視するための画像検査を勧めることがあります。 通常、動脈瘤が診断されてから少なくとも6か月後、および定期的なフォローアップ検査で、心エコー検査、CTスキャン、または磁気共鳴血管造影(MRA)スキャンが行われます。 これらの検査を行う頻度は、動脈瘤の原因と大きさ、および動脈瘤の成長速度によって異なります。 薬の使用 高血圧や動脈の閉塞がある場合、医師は血圧とコレステロールを下げる薬を処方する可能性があります。 これらの薬には次のものが含まれます。 ベータ遮断薬。 ベータ遮断薬は、心拍数を遅くすることで血圧を下げます。 マルファン症候群の人にとって、ベータ遮断薬は大動脈が広がる速度を低下させる可能性があります。 ベータ遮断薬の例には、メトプロロール(Lopressor、Toprol-XL、Kapspargo Sprinkle)、アテノロール(Tenormin)、およびビソプロロールが含まれます。 アンジオテンシンII受容体遮断薬。 ベータ遮断薬が血圧をコントロールするのに十分でない場合、またはベータ遮断薬を服用できない場合は、医師がこれらの薬を処方することもあります。 これらの薬は、高血圧がなくてもマルファン症候群の人によく勧められます。 アンジオテンシンII受容体遮断薬の例には、ロサルタン(Cozaar)、バルサルタン(Diovan)、およびオルメサルタン(Benicar)が含まれます。 スタチン。 ...

POPULAR POSTS