Tag: 胸部大動脈瘤の症状

胸部大動脈瘤の原因と症状

胸部大動脈瘤とは何ですか? 胸部大動脈瘤は、体(大動脈)に血液を供給する主要な血管の弱くなった領域です。 大動脈が弱い場合、血液が血管壁を押すと、バルーンのように膨らむことがあります(動脈瘤)。 胸部大動脈瘤は胸部動脈瘤とも呼ばれ、動脈瘤が原因で大動脈解離が発生する可能性があります。 解離は大動脈壁の裂傷であり、生命を脅かす出血や突然死を引き起こす可能性があります。 大きくて成長の速い動脈瘤も破裂する可能性がありますが、小さくて成長の遅い動脈瘤は決して破裂しない可能性があります。 胸部大動脈瘤の原因、大きさ、成長率に応じて、治療は注意深い経過観察から緊急手術までさまざまです。 理想的には、必要に応じて手術を計画することができます。 胸部大動脈瘤。 胸部大動脈瘤は、大動脈の上部にある弱くなった領域です。これは、血液を体に供給する主要な血管です。 動脈瘤は大動脈のどこにでも発生する可能性があります。 胸部大動脈瘤の症状 胸部大動脈瘤はしばしばゆっくりと成長し、通常は症状がなく、検出が困難になります。 一部の動脈瘤は決して破裂しません。 多くの動脈瘤は小さく始まり、小さいままですが、時間の経過とともに拡大する動脈瘤もあります。 大動脈瘤がどれだけ早く成長するかを予測することは困難です。 胸部大動脈瘤が大きくなると、次のことに気付く人もいます。 胸の痛み 背中の痛み 嗄声 ...

POPULAR POSTS