Tag: 黒色腫の生存率

黒色腫皮膚がん:予後と生存

黒色腫皮膚がん黒色腫の皮膚がんがある場合は、予後について質問があるかもしれません。 予後は、がんが誰かにどのように影響し、治療にどのように反応するかについての医師の最良の推定値です。 予後と生存は多くの要因に依存します。 あなたの病歴、癌の種類と病期、選択された治療法、および治療への反応に精通している医師だけが、これらすべての情報を生存統計と組み合わせて予後に到達することができます。 予後因子は、癌の側面または医師が予後を決定する際に考慮する人の特徴(性別など)です。 予測因子は、がんが特定の治療にどのように反応するかに影響します。 予後因子と予測因子はしばしば一緒に議論されます。 それらは両方とも、治療計画と予後を決定する上で役割を果たします。 以下は、黒色腫皮膚がんの予後および予測因子です。 腫瘍の厚さ 原発腫瘍の厚さは重要な予後因子です。 がんが広がるリスクを予測するのに役立ちます。 腫瘍が厚いほど、予後は悪くなります。 厚さが1mm未満の黒色腫皮膚がんは、体の他の部分に広がるリスクが低くなります。 4mmより厚い黒色腫皮膚がんは、治療後に体の他の部分に広がり、再発(再発)するリスクが高くなります。 潰瘍 潰瘍は、開いた傷で皮膚が壊れている場合です。 原発腫瘍の潰瘍がある場合、潰瘍のない腫瘍よりも予後は不良です。 潰瘍の存在は、がんが体の他の部分に広がり、治療後に再発するリスクを高めます。 有糸分裂率 ...

POPULAR POSTS