Tag: 1型糖尿病の症状

1型糖尿病の症状と原因

かつて若年性糖尿病またはインスリン依存性糖尿病として知られていた1型糖尿病は、膵臓がインスリンをほとんどまたはまったく産生しない慢性状態です。 インスリンは、糖(ブドウ糖)が細胞に侵入してエネルギーを生成するために必要なホルモンです。 遺伝学やいくつかのウイルスを含むさまざまな要因が、1型糖尿病の原因となる可能性があります。 1型糖尿病は通常、小児期または青年期に発症しますが、この疾患は成人に発症する可能性があります。 1型糖尿病の症状活発な研究にもかかわらず、1型糖尿病の治療法はありません。 治療は、合併症を防ぐために、インスリン、食事療法、ライフスタイルで血糖値を管理することに重点を置いています。 1型糖尿病の症状 1型糖尿病の兆候と症状は比較的突然現れる可能性があり、次のようなものがあります。 喉の渇きの増加 頻尿 以前に夜間に排尿しなかった子供の遺尿症 極端な空腹 意図しない体重減少 過敏性およびその他の気分の変化 倦怠感と脱力感 ぼやけた視界 いつ医者に診てもらう必要がありますか? あなたまたはあなたの子供に上記の兆候や症状のいずれかに気付いた場合は、医師に相談する必要があります。 1型糖尿病の原因 研究者は1型糖尿病の正確な原因を知りません。 ...

子供の1型糖尿病の症状

子供の1型糖尿病は、子供の体が重要なホルモン(インスリン)を産生しなくなった状態です。 あなたの子供は生き残るためにインスリンを必要とするので、不足しているインスリンは注射またはインスリンポンプと交換する必要があります。 子供の1型糖尿病は、以前は若年性糖尿病またはインスリン依存性糖尿病として知られていました。 子供の1型糖尿病の診断は、特に最初は恐怖やストレスを引き起こす可能性があります。 突然、あなたとあなたの子供は、年齢に応じて、注射の方法、炭水化物の数え方、血糖値の監視方法を学ぶ必要があります。 子供の1型糖尿病子供の1型糖尿病の治療法はありませんが、管理することはできます。 血糖モニタリングとインスリン投与の進歩により、1型糖尿病の子供たちの血糖管理と生活の質が向上しました。 子供の1型糖尿病の症状 子供の1型糖尿病の兆候と症状は通常すぐに発症し、次のようなものがあります。 喉の渇きの増加 頻尿、トイレトレーニングを受けた子供でおねしょをする可能性 極端な空腹 意図しない体重減少 倦怠感 過敏性または行動の変化 フルーティーな香りの息 いつ医者に診てもらう必要がありますか? 1型糖尿病の兆候や症状に気付いた場合は、子供の医師の診察を受ける必要があります。 1型糖尿病の原因 1型糖尿病の正確な原因は不明です。 ...

POPULAR POSTS