Tag: covid-19韓国

韓国のCOVID-19生存者が苦しんでいること

2021年1月28日、ソウル駅近くの仮設検査センターで医療スタッフがCOVID-19検査を実施。写真:聯合ニュース韓国疾病管理庁(KDCA)によると、韓国の一部のCOVID-19生存者は、検査結果が陰性になった後でも、すべての患者で病気のすべての症状が完全に消えるわけではないため、長期的な健康影響に苦しんでいます。 。保健当局は火曜日に、1,050人の元患者に対して行われたコロナウイルスの後遺症に関する研究の中間結果を発表しました。国立医療センター(NMC)は、そこに入院していた元患者40人の健康診断と調査を実施し、大邱の慶北国立大学病院は、コロナウイルスに感染していることが確認された地域の965人のオンライン調査を実施した。COVID-19の最も一般的な長引く影響は倦怠感であり、以前の患者の43%が報告し、複数の回答が許可された場合、運動中の息切れ(35%)、脱毛(23%)が続きました。その他の報告された後遺症には、胸部圧迫感(15%)、頭痛(10%)、記憶喪失(8%)、無嗅覚症(5%)が含まれていました。身体的症状に加えて、一部のウイルス生存者は、うつ病や心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの精神的後遺症を経験していました。研究は、後遺症が患者の年齢と彼らが受けたCOVID-19感染の重症度に応じて患者間で異なることを明らかにしました。若い人や軽度の症状のある人は主に倦怠感や睡眠障害を経験しましたが、呼吸困難は高齢の生存者や重度の感染症の人に多く見られました。CTスキャンは、NMCの元患者40人のうち7人が肺線維症(臓器の組織が損傷して傷ついたときに発生する肺疾患)に苦しんでいることを示しました。 7人はすべて40歳以上であり、高リスク患者として分類されました。「この研究には国内のすべてのコロナウイルス生存者が含まれているわけではないが、患者の年齢に関係なく後遺症が発生する可能性があることが確認された」と保健当局のクォン・ジュンウク氏は説明会で述べた。 同氏は、保健省は引き続き後遺症を分析し、関連する措置を講じると付け加えた。クォン氏はまた、特定の無許可の宣教師学校に関連する感染クラスターがまだ出現しているため、毎日の新しい症例が少ないにもかかわらず、国は警戒を続けるべきであると警告した。水曜日の時点で、光州にあるTCSエースインターナショナルスクールの2つの支部で146件の確認された症例が報告されました。 学校は、宣教師グループIMが運営する無許可の宗教教育センターです。2021年1月26日のこの国の毎日の新しい症例は、主に宣教師学校に関連した大規模な発生により、10日後に500を超えるまで回復しました。 KDCAによると、516のローカル送信を含む559の新しいケースがあり、累積合計は76,429に増加しました。

POPULAR POSTS