Tag: SARS-CoV-2ラムダバリアント

SARS-CoV-2のラムダバリアント(COVID-19)

系統C.37としても知られるSARS-CoV-2ラムダ変異体は、COVID-19を引き起こすウイルスであるSARS-CoV-2の変異体です。 ラムダは2020年12月にペルーで最初に検出されました。2021年6月14日、世界保健機関(WHO)はそれをラムダバリアントと名付け、「関心のあるバリアント」として指定しました。 SARS-CoV-2ラムダ変異体は、世界の少なくとも30か国に広がり、他の株と比較してCOVID-19ワクチンに対する耐性が高いことが知られています。 研究者はまた、ラムダバリアントがアルファおよびガンマバリアントよりも感染性が高いことを発見しました。 突然変異 ラムダゲノムには次のアミノ酸変異があり、それらはすべてウイルスのスパイクタンパク質コードに含まれています:G75V、T76I、Δ246-252、L452Q、F490S、D614GおよびT859N。 SARS-CoV-2ラムダバリアントの歴史 ラムダ変異体の最初のサンプルは2020年12月にペルーで検出され、2021年4月までに、ペルーでのCOVID-19の新しい症例の80%以上がこの新しい変異体に由来していました。 ペルー保健省によると、2021年6月中旬にアレキパでの新しいCOVID-19症例の90.6%とクスコでの新しい症例の78.1%がラムダ変異体でした。 この時までに、ラムダの亜種は南アメリカ全体にも広がり、合計29か国、特にアルゼンチン、チリ、エクアドルで検出されました。 WHOは、2021年6月14日に、ラムダバリアントを「関心のあるバリアント」として指定しました。 2021年7月6日、オーストラリアは、4月にニューサウスウェールズ州の検疫ホテルに滞在していた海外旅行者のラムダバリアントの最初の症例を報告しました。 2021年7月19日、テキサスはラムダバリアントの最初の症例を報告しました。 2021年7月22日、フロリダはラムダ変異体の累積確認症例126件を報告しました。 2021年7月28日、マイアミ大学の研究者は、ランダムサンプリングにより、ジャクソンメモリアルヘルスシステムとマイアミ大学のUヘルスタワーのCOVID-19患者の3%がラムダ変異体に感染していることを示したと発表しました。 2021年8月5日、ルイジアナ州はラムダ亜種の最初の症例を報告しました。 2021年8月7日、日本はラムダ型の最初の症例を確認しました。 感染者は7月20日にペルーから日本に到着しました。

POPULAR POSTS